FC2ブログ
blogtop ISMblog newentry

えーえんとくちから

  • 01月16日
title line

 こんにちは,高校数学担当の森蔭です。

 いよいよ今週末の土曜日と日曜日に大学入試センター試験が行われます。高校3年生にとっての決戦の日です。受験生と同じく私も気が引き締まる思いです。

 ISM高校部では、昨年の年末に全高校3年生に向けての「大学受験壮行会」を行いました。そこにはISMの卒業生(大学生)も遠方から駆けつけてくれて、皆への応援の言葉を述べてくれました。

 言葉をくれた卒業生は全員、受験期に様々なアクシデントに見舞われながらもそれを乗り越えて合格を勝ち取った人たちです。彼らも苦しい思いをしたからこそ、受験をひとりで乗り切ることの厳しさをよく理解しています。自分が一番苦しい時にそばにいてくれた仲間、自分と同じように必死でもがき苦しんでいた仲間を知っているからこそ、あの場所で受験生の皆と同じ時間、同じ空気を共有してくれたのだと思います。
 ISMとはそういう場所です。そういう文化が繋がれていく場所なのだと、あのときの皆の顔を見て私は確信しました。


 センター試験の当日、また会場で会いましょう。本来ならその時には、「背中を押す」のではなく、「背中をさする」ような言葉をかけるべきなのですが、気持ちが空回りしてしまいそうなので、私の大好きな歌人の3篇の歌に代えて思いを伝えておきます。

   えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい

   食パンの耳をまんべんなくかじる 祈りとはそういうものだろう

   鞄からこぼれて咲いていくものに枯れないおまじないを今日も



 皆の思い、皆に関わる全ての人の思いが繋がりますように。

今こそ努力!

  • 01月13日
title line

小中部・小俣校の森田です。
2020年もよろしくお願いいたします。

さて、年が明けたということはいよいよ受験本番を迎えるということですね。
自分の力を発揮する大舞台。
楽しみですね。

そうは言っても「楽しみ」と思えている受験生はわずかだろうと思っています。
「もっと時間が欲しい」とか、
「あれもこれもやっておかなくちゃ」とか、
とにかく本番が来てほしくないと思っている受験生のほうが多いかもしれませんね。

私も受験生のころ、日に日に迫ってくる入試日に焦りばかりが募り何もかもうまくいかない時期がありました。
今思い返すと、精神的にも鍛えられたし、学生の間でしか経験できないことも多く学べたと思い、いい思い出です。
後悔よりも満足感のほうが大きいと言えます。

努力した結果、合格する子がいます。
努力した結果、不合格になる子がいます。
努力せずに、合格する子がいます。
努力せずに、不合格になる子がいます。

私は努力せずに不合格をもらい、1年間の努力の末、不合格でした。

もっと勉強すればよかったなとは、当時より今のほうが余計に思いますが、やっぱり後悔はありません。

それは、自分で自分を「努力できる人間」と思うことができたからです。

あの時の苦しさを思えば大抵のことは何とかなると思えています。

残された時間はそれぞれ異なりますが、その時間を精一杯努力できれば、結果に留まらず受験を通して大事なものが得られるのではないかと思っています。

1週間なら1週間。1か月なら1か月。胸を張って努力したと言える自分であってほしいと思います。

あけましておめでとうございます!

  • 01月05日
title line

あけましておめとうございます!
昨年から小中部の個別指導を担当させていただいている外村です。

12月頃から推薦などで学校が決まり始め、ホッと一安心し始める生徒も出てくる時期ですが、一般入試での入学を目指す生徒はこれからが本番です!
今日で冬期講習は終了しますが、私立入試は目前です!
体調管理をしっかりメリハリをつけて、最後まで油断せずに頑張りましょう!

実は、私は中学時代にISMに通っていたISM卒業生であり、今現在みなさんが授業を受けている先生方から同じように授業を受けておりました。その後、縁あって現在は授業をする立場となりISMに通っています。
私はISMを卒業し、高校卒業後すぐに、アメリカの大学へ5年ほど留学しており、その時に培った『生きた』英語力、学校では教えられない単純で効率的な英語の理解方法を生徒みんなに教えていければと思っています。
また、自分自身『勉強が大嫌い』『学校が大嫌い』な生徒だったので、そういった生徒たちの気持ちも十分に理解でき、寄り添っていけるかな、と思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

今年もよろしくお願いいたします。

ISM 伊勢校 個別指導会 外村

センター試験まで1ヶ月

  • 12月18日
title line

こんにちは。高校部の奥山です。
朝晩すっかり冷え込んでいる今日この頃です。
受験生のみなさま体調管理はいかがでしょうか。
自身に負荷をかけすぎた学習は禁物です。
体調管理に気を配りながら学習してください。

さて、センター試験まで1ヶ月となりました。
河合塾マナビス伊勢市駅前校の受験生のみなさまは、
生徒の志望校に応じた対策講座を取り組んでいます。
「センター完全攻略講座」、「センター本番ファイナルテスト」、
「大学別対策講座」等を軸に最終トレーニングに打ち込んでいます。
ここからこそ計画と実行が肝心です。

学習計画では、不得意科目にばかり時間をかけてしまうのは危険です。
また、得意科目は年明けになってほとんど触れないというような
学習計画を立てている人はいませんか。
得意科目だからといって、センター試験直前こそ触れなかったが故に、予想外に
鈍ったためか思ったような得点を取ることができなかった、という例もあります。
不得意科目に時間を多くかけるのはもちろん重要ですが、
科目間で極端な時間配分の差をうまないように、
自分なりのバランスを考えてください。

これまで多くの模試を受験してきたと思いますが、
直前期にも本番形式の問題を実戦的に解くことで、
身につけた時間配分や解答方法のパターンなどを忘れないでください。
本番に向けたイメージトレーニングを行うことも効果的です。
最後の最後まで、闘い続けた人が、合格を勝ち取っていくのです。
粘り強い姿勢でいきましょう。
皆さんの健闘を心より祈ります。

高校部  奥山

受験シーズン到来!

  • 12月10日
title line

こんにちは。小中部の山本です。
紅葉が知らず知らずとも目に入ってきて、季節を感じる時節になりましたね。
私は横断歩道を渡る時にわざと落ち葉の詰まった箇所を足で踏みしめ、サクッサクッと秋の感触を満喫するのが小さな楽しみになりました笑

只今、保護者懇談会の真っ最中です。
受験生の保護者の方々も心そぞろでありましょう。
私は私事ながら、今回初めて受験を迎える娘を抱え、3人目とはいえ子供たちは三人三様で、末っ子の受験に新たな心配を抱えている親の1人です。


そもそも論かもしれませんが、私は自分の子供に対しての将来の大まかな青写真がある程度描かれば、どこの高校、大学に進学しても、その状況の中で、楽しみ、幸せを感じ、成長していけると信じています。


受験生のみなさん
この学校に入れたら楽しく生活できるかも、の前に、義務教育でない高校、大学に入ってからやらなければならないことは、何をおいても「一生懸命励むこと」です。


これから寒さが厳しくなります。
あたたかくして受験勉強頑張ってください!
応援しています。


小中部伊勢 山本

プロフィール

進学塾ISM(イズム)

三重県の進学塾ISM(イズム)の熱血講師陣が運営するコラムです。

カレンダー

01 2020/02 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着コメント

カテゴリー