FC2ブログ
blogtop ISMblog newentry

春はすぐそこに

  • 01月29日
title line

2020年がスタートし、もうすぐ1か月が経とうとしています。
小中部の大川です。
今年もよろしくお願いします。

先週金曜日の皇學館高校に始まり
鈴鹿高校、高田高校、三重高校、伊勢学園高校と
私立入試が終わりました。
今は結果が出るのを待ちつつ、
県立高校第一志望で前期試験に臨む子たちは、
面接・作文の練習に励んでいます。

講師になってから毎年のことですが、
この時期私も非常に緊張します。
子どもたちにとっては、おそらく人生初めての岐路。
合否の結果が満足のいくものであるように
自分が最善を尽くしたい。
そのための授業を1回1回全力で積み重ねたいと
新年、気持ち新たに取り組んでいます。

昨日までの雨から一変、今日は春のような陽気です。
春はすぐそこまで来ています。
受験生の皆さん、ともに頑張っていこう

緊張

  • 01月22日
title line

 暖冬と言われておりますが、私は寒くて寒くて・・・。インフルエンザもまだ大流行中で、コロナウィルスまでもが世間を騒がしておりますので、手洗いうがいは必須ですね。
受験生たちは特にとても大事な時期ですので、十分気を付けて過ごしてください。


 今週から中学3年生にとっての受験がついに始まります。毎日毎日緊張が高まってくるという感覚を味わっていることでしょう。苦しくて、早く過ぎ去ってくれないかと祈るばかりですよね、分かります。私も受験生の時は緊張と不安で、とにかく何か勉強していないと落ち着かないという状況に陥っておりました。大丈夫だと言われても不安で、自信がなくて、、。今年の受験生の中にも色々な状況の受験生がいて、それぞれに抱えている気持ちがあるでしょう。
 緊張と不安で押しつぶされそうな皆さん、緊張することは悪いことではありません。緊張するのは、それだけ自分が頑張ってきたという証拠です。むしろ、「ここまで頑張ってきたのだから、自分は必ず結果を出せる」と自己暗示をかけるようにポジティブに考えてみましょう。今はとにかく、これまでの自分の頑張りを信じてください。そして、自分の足元をしっかりと見て、一歩一歩思いをこめて前に進んでください。
あたたかい春もすぐそこです。


小中部 世古

えーえんとくちから

  • 01月16日
title line

 こんにちは,高校数学担当の森蔭です。

 いよいよ今週末の土曜日と日曜日に大学入試センター試験が行われます。高校3年生にとっての決戦の日です。受験生と同じく私も気が引き締まる思いです。

 ISM高校部では、昨年の年末に全高校3年生に向けての「大学受験壮行会」を行いました。そこにはISMの卒業生(大学生)も遠方から駆けつけてくれて、皆への応援の言葉を述べてくれました。

 言葉をくれた卒業生は全員、受験期に様々なアクシデントに見舞われながらもそれを乗り越えて合格を勝ち取った人たちです。彼らも苦しい思いをしたからこそ、受験をひとりで乗り切ることの厳しさをよく理解しています。自分が一番苦しい時にそばにいてくれた仲間、自分と同じように必死でもがき苦しんでいた仲間を知っているからこそ、あの場所で受験生の皆と同じ時間、同じ空気を共有してくれたのだと思います。
 ISMとはそういう場所です。そういう文化が繋がれていく場所なのだと、あのときの皆の顔を見て私は確信しました。


 センター試験の当日、また会場で会いましょう。本来ならその時には、「背中を押す」のではなく、「背中をさする」ような言葉をかけるべきなのですが、気持ちが空回りしてしまいそうなので、私の大好きな歌人の3篇の歌に代えて思いを伝えておきます。

   えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい

   食パンの耳をまんべんなくかじる 祈りとはそういうものだろう

   鞄からこぼれて咲いていくものに枯れないおまじないを今日も



 皆の思い、皆に関わる全ての人の思いが繋がりますように。

今こそ努力!

  • 01月13日
title line

小中部・小俣校の森田です。
2020年もよろしくお願いいたします。

さて、年が明けたということはいよいよ受験本番を迎えるということですね。
自分の力を発揮する大舞台。
楽しみですね。

そうは言っても「楽しみ」と思えている受験生はわずかだろうと思っています。
「もっと時間が欲しい」とか、
「あれもこれもやっておかなくちゃ」とか、
とにかく本番が来てほしくないと思っている受験生のほうが多いかもしれませんね。

私も受験生のころ、日に日に迫ってくる入試日に焦りばかりが募り何もかもうまくいかない時期がありました。
今思い返すと、精神的にも鍛えられたし、学生の間でしか経験できないことも多く学べたと思い、いい思い出です。
後悔よりも満足感のほうが大きいと言えます。

努力した結果、合格する子がいます。
努力した結果、不合格になる子がいます。
努力せずに、合格する子がいます。
努力せずに、不合格になる子がいます。

私は努力せずに不合格をもらい、1年間の努力の末、不合格でした。

もっと勉強すればよかったなとは、当時より今のほうが余計に思いますが、やっぱり後悔はありません。

それは、自分で自分を「努力できる人間」と思うことができたからです。

あの時の苦しさを思えば大抵のことは何とかなると思えています。

残された時間はそれぞれ異なりますが、その時間を精一杯努力できれば、結果に留まらず受験を通して大事なものが得られるのではないかと思っています。

1週間なら1週間。1か月なら1か月。胸を張って努力したと言える自分であってほしいと思います。

あけましておめでとうございます!

  • 01月05日
title line

あけましておめとうございます!
昨年から小中部の個別指導を担当させていただいている外村です。

12月頃から推薦などで学校が決まり始め、ホッと一安心し始める生徒も出てくる時期ですが、一般入試での入学を目指す生徒はこれからが本番です!
今日で冬期講習は終了しますが、私立入試は目前です!
体調管理をしっかりメリハリをつけて、最後まで油断せずに頑張りましょう!

実は、私は中学時代にISMに通っていたISM卒業生であり、今現在みなさんが授業を受けている先生方から同じように授業を受けておりました。その後、縁あって現在は授業をする立場となりISMに通っています。
私はISMを卒業し、高校卒業後すぐに、アメリカの大学へ5年ほど留学しており、その時に培った『生きた』英語力、学校では教えられない単純で効率的な英語の理解方法を生徒みんなに教えていければと思っています。
また、自分自身『勉強が大嫌い』『学校が大嫌い』な生徒だったので、そういった生徒たちの気持ちも十分に理解でき、寄り添っていけるかな、と思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

今年もよろしくお願いいたします。

ISM 伊勢校 個別指導会 外村

プロフィール

進学塾ISM(イズム)

三重県の進学塾ISM(イズム)の熱血講師陣が運営するコラムです。

カレンダー

12 2020/01 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着コメント

カテゴリー