FC2ブログ
blogtop ISMblog newentry

「わからない」を「面白い」に変える

  • 10月29日
title line

小中部の朝比奈です。

先日、web上で中学理科の映像授業をされている方が、
「理科はほぼ暗記です」と言い切っておられました。

ところが、現場では暗記の無力さを日々痛感していまして、
努力しても結果に結びつかずに悩んでいる子の姿を見ています。

もちろん、どんな教科・学問にも暗記の要素はあります。
漢字、英単語、数学公式、用語、定義、化学式・・・などなど。
それを暗記することはもちろん必要なのですが、
それだけでは絶対に解けない問題が多々あります。

それに、「なぜそうなるのか」を考えて、
理解して、正解する方が絶対に面白い。
「よくわからないから覚えよう。よし、解けた」では全然面白くない。

だから、私は授業中に「いいから覚えなさい」とほとんど言いません。
むしろ「なるべく丸暗記は避けて、なぜそうなるのかを理解しましょう」と言います。

すると、暗記癖がついている子には苦労させることになるのですが、
そこはしっかりとフォローをして、授業の前後に1:1で話しながら再度解説します。
本当に理解できたかどうか、対話しながら確認します。
その方が絶対にいい。

理科に限らず、まじめにがんばっているのに結果が出ないという方は、
ぜひ、暗記不足よりも理解不足をうたがって欲しい。
「なぜそうなるのか」を考えて欲しい。
そして、わからないところが見つかったら、そこを深掘りしましょう。
そこから、「結果」と「面白さ」という泉が湧き出てくるはずです。

新しい時代に

  • 10月23日
title line

こんにちは、伊勢校の押田です。先日の志望校突破セミナーは、雨の中のご来場ありがとうございました。このセミナーを通じて疑問や不安が減ったわあ、と思ってくれたらとても嬉しいです。


今年は200年以上ぶりのといわれる天皇陛下譲位から新天皇即位という、歴史上でもレアな年です。昨日も即位礼正殿の儀がテレビで中継されていましたね。

平成31年に入ってから5,6月までの、なんとなくふわっとした感じがもう懐かしく思えるほど、年の瀬が近づいているなあと感じます。
まだまだ今年は2か月残っているぞ!!と思うか、ええー!もうあと2か月しかないの!?と思うかはそれぞれ感じ方の違いなのでしょうか。
私は日時・曜日・時間の感覚がボロボロなので、確実に後者です。

限られた時間をいかに上手に使っていくか。
早く行動できるよう事前に考え備えておきたいですね。

mixi主流の時代が懐かしいですね

  • 10月16日
title line

最近新しく知り合う方に自己紹介をすると、塾講師という仕事が珍しいのかよく「せんせー!」と呼ばれてしまうんですが、大人同士で「先生」と呼ばれる人ってだいたい医者か弁護士か代議士かっていう個人的なイメージがあるので出来ればやめていただきたいと最近思っている高校部の角谷です。

さて、高校部ではこの2週間が中間テストラッシュでして、台風は過ぎても台風のような目まぐるしさです。皆さんは先日の台風の被害は大丈夫でしたでしょうか?うちは部屋の天窓から雨が浸水してきて朝起きたら壁を小川のように雨が流れて床びっちゃびちゃで軽くパニックでした。

話変わりまして、ISM高校部ではISM高校部&河合塾マナビス伊勢市駅前校の共同アカウントを設立してインスタグラムでの情報発信をしているのをご存じでしょうか?以前はTwitterを中心に情報発信を行ってきたのですが、生徒から「Twitterなんて古いからもう誰も使ってないよ」と言われ、それだったらと始めてみたんですが、確かにインスタグラムに変えてからの生徒の反応の早さがぜんぜん違いました。時代の移り変わりって早いですよね。。。

インスタグラムでは何を発信しているかと言うと、主には「講習など時期ごとのイベントのお知らせ」と「スタッフ日々のつぶやき」、そして「かどや先生の〇〇してみたシリーズ」です。特に「かどや先生の〇〇してみたシリーズ」はハイライトといっていつでも動画を見ることが出来るので良ければ1度御覧いただければと思います。(まあまあ体張ってやってます(^^)/)
ちなみに次回の配信は『かどや先生の実はこんな事できるんです【パントマイム編】』です(10月20日頃配信予定)。お楽しみに!

備えは万全に

  • 10月09日
title line

大きな台風が近づいております。
みなさん、備えは万全ですか?
小中部の大川です。
来る10月18日(土)進学塾ISMでは毎年恒例
「志望校突破セミナー」を開催します。
中学3年生のみなさんへ心を込めたエールを送るために
ただいま準備の真っ最中です。
例年開催されるイベントですが、生徒の顔ぶれは1年1年変わります。
今年の子どもたちの「今」を見つめ、やる気になる話ができればと考えています。
場所はサンアリーナです。
ぜひともお子様とご一緒にご参加ください。
中3生のみなさん!
定期テストも終わり、私立高校の入試が日に日に近づいてきます。
備えあれば憂いなし。
気持ちを整えて本番を迎えしょう

新しい解釈

  • 10月02日
title line

先日、NHKで日野富子さんについての歴史番組を観ました。
日野富子さんといえば、「日本三代悪女」の一人にも数えられている人物です。室町幕府の将軍家で強大な権力をもち、政局混乱の裏には必ず富子がいたとされています。さらには、応仁の乱は日野富子が原因で起きたとも言われています。
私も学生時代にそのように教えてもらいました。そして、ISMでもそのような話をしながら授業をしておりました。
しかし、日本中世史研究家 呉座勇一さんによる最新の史料分析では、本当の日野富子は幕府のために身を粉にして奔走した人物だったというのです。では、なぜ「悪女」と言われるようになったのか。それは彼女の死後に、都合よく政治利用された上に、徐々に曲解されていった「富子像」解釈の歴史にあったというのです。
 その番組を観て改めて歴史の面白さを感じました。教育現場においては、歴史にはあたかも単一の事実があるかのように教えることがほとんどですが、そうではなく、歴史は様々な解釈が可能であるという歴史認識を子どもたちに教える必要があると感じました。それが実現できれば、歴史の魅力をもっと伝えられるのではないかと思います。
私ももっと教材研究や史料研究をして、自分なりの解釈を見つけていきたいと思いました。


小中部 世古

プロフィール

進学塾ISM(イズム)

三重県の進学塾ISM(イズム)の熱血講師陣が運営するコラムです。

カレンダー

09 2019/10 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着コメント

カテゴリー