FC2ブログ
blogtop ISMblog newentry

新年度のごあいさつ

  • 04月01日
title line

 こんにちは。進学塾ISM代表の松島です。
進学塾ISMでは、新型コロナウィルス拡大防止のため3月度の年間授業をすべて休講とさせていただきました。ISM生および保護者様には今回の措置に対してのご理解とご協力、本当にありがとうございました。
 高校受験においては、子どもたちの頑張りで県立後期選抜全員合格という結果に中3生を担当している私自身が子どもたちから元気をもらいました。また、年々厳しさを増す大学受験の結果報告にも、かつての教え子たちの成長を嬉しく思いました。
 国内の新型コロナウィルス拡大は予断を許さない状況が続いておりますが、ISM小中部は4月6日、高校部は4月8日、個別指導会は4月15日より年間授業を再開させていただきます。来校される際は、各家庭におきましては健康チェック、咳エチケットの励行のご協力お願いいたします。新年度も進学塾ISMスタッフ一同、子どもたちの「夢発見!夢実現!」のため邁進いたします。

あともう少し

  • 02月25日
title line

まもなく3月、桜の咲く季節ももうそこまで来ています。
今年は暖冬の影響で桜の開花も早まるとニュースで見ました。

国公立大学の2次試験が始まり、いよいよ1年間でつけてきた力を
大いに発揮するときがやってきました。
無事、持てる力を出せたでしょうか?

これから、受験に向かう生徒の皆さんは、どうぞ今までの自分を信じて、
平常心で最後まであきらめずに戦い抜いてほしいと思います。
新型肺炎など心配ではありますが、体調には十分に気を付けてくださいね。

『サクラサク』まで、あともう少しです。
みんなに素敵な春が訪れますよう祈っています。

高校部 小出

失敗や後悔も人生経験

  • 02月22日
title line

小中部の朝比奈です。

公立入試まで3週間をきりました。

中3の子たちが15年間の人生の中で最も勉強する時期で、
子供たちのがんばる姿を見るとこちらも応援したくなります。

そんな中で子供たちから(今年も)聞いたのは、
「もっと勉強しておけばよかった」という声。

「前期入試に落ちてしまった」
「後期入試も危ないと言われた」
「第一志望を諦めざるを得なかった」
など、過去の積み重ね不足を後悔する声を毎年聞きます。

ですが、失敗や後悔も含めて人生だと思うのです。
失敗も後悔もしない人などいません。

重要なのは、目の前の課題に一生懸命取り組むこと。
最終的には数字のみで判断される厳しい世界ですが、
その途中過程では、子供の努力を可能な限り応援したいと思います。
残り時間はわずかですが、がんばりましょう!

春にむかって ~インフルエンザや新型肺炎など~

  • 02月12日
title line

 こんにちは。個別指導部の押田です。2月も半分が過ぎ、後期選抜まであと1ヵ月を切りました。最後まで全力で進みましょう。また、前期選抜を受験した皆さんはドキドキしながら結果を待っていると思います。気が抜けない毎日ですが、乗り切っていきましょう。
 毎年この時期は寒さが厳しく、前期選抜の試験日は特に冷えましたね。一転、今週は春の陽気に包まれそうで、体調管理が難しいと思います。今年はインフルエンザ予防に加えて、ニュースで騒がれている新型肺炎への不安もあります。マスクが品薄で保護者の方にとってはもどかしい思いをされているかと思います。日頃の手洗いうがい、咳のエチケットなどなど、普段の風邪予防をしっかり行っていくのが大事だと聞きます。追い込みの時期ですからより慎重に、しかし必要以上に恐れることなく毎日を過ごしていければいいですね。いい春を迎えましょう。

決意の力

  • 02月04日
title line

 「今年は暖冬」と言われても寒いものは寒いので、いつか本当に半袖で過ごせるぐらい暖かい冬が訪れるのを待ちわびている高校部の角谷です。
 さて、高校部は現在、高3生が大学入試現体制最後のセンター試験を終えここから本格的に私立大学、また国公立大学の二次試験を迎える時期が差し迫ってきました。
 毎年この時期になると、自分自身の大学受験の経験を思い出すのですが、自分は高校生の頃はずいぶんとちゃらんぽらんな性格で、大学受験のことを考え始めるのも準備を始めるのも相当遅いほうだったように思います。ただ、1つ決めていたことがあって、それは「ここまで真剣にやってこなかったのは自分の責任なのだから、1校だけ全力で受けてダメだったら潔く就職しよう」ということでした。
 その結果、受験した大学も1学部の1日程のみの一発勝負で、受験直前の模試の結果でも勝率五分五分というところでしたがなんとか合格できました。今思えば若さゆえのトガった考え方であったと冷や汗をかきそうになりますが、その一方で当時それだけの決意と勢いがなければあんなに受験勉強を頑張れてなかったかな、とも思います。
 もちろん今生徒たちに大学を1校のみに絞れなんてとんでもない事は言えませんし、生徒がそんな事を言ってきたら考え直すよう全力で説得しますが、受験に向けて「自分の中で決意を持つ」という事だけは生徒たちに伝えたいと思います。
 日本の大学進学率は現在50%を超えると言われています。大学の数も増えてきましたし、正直選ばなければ誰でも大学に入れると言われている時代です。それでも大学に行くことは「当たり前」ではなく、自分で大学に行くと決めた以上は確固たる決意を持って挑んでもらいたい、そしてその決意が力となり生徒たちの合格への後押しとなってほしい、そう願うばかりです。

プロフィール

進学塾ISM(イズム)

三重県の進学塾ISM(イズム)の熱血講師陣が運営するコラムです。

カレンダー

03 2020/04 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着コメント

カテゴリー